明治時代創業の北山錦弘堂として、庭園資材取扱・庭園作庭を生業としてきました。 1975年に、北山安夫が、北山造園として再興し、2016年に40周年を迎えました。

風玄 北山安夫の仕事とは!

庭師 北山安夫の考え方

高台寺そして高台寺の塔頭・圓徳院の400年前に創られた庭を、修復し管理をしてきました。優れた庭は、何百年と生き続けてきました。これからも生き続けてゆきます。『修復』とは、先人の血と涙の結晶を受け継ぎ伝える仕事です。

伝統は途切れさせてはなりません。次の世代に伝え、託していくことは、北山安夫の大きな仕事です。木はもちろん石も生きています。生きているもの・命あるものを尊重し、いっそう活かすこと、百年先、二百年先に後世の人に受け入れられる優れた庭を創りあげることが、庭師・北山安夫の仕事です。